• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

NEXTSTAGE

今、あなたの中で1番解決したいことは何ですか?ちょっと考えてみてください。もし、その解決が出来るとしたら、どういう風に現状は変わりますか?その答えは、私が教えることは出来ません。あなた自身が私との関わり合いの中で、きっと自分で見つけることが出来ると信じています。そのお手伝いをさせて頂くことを精一杯やらせて頂きます。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--_--_--  [ 編集 ]

  1. 2016/01/04(月) 12:16:21_
  2. 日記
  3. _ comment:0
牛乳は完全栄養食品だ、というデマは、どういうわけか深く浸透し、それを信じて疑わない人たちの数は多いようです。朝、ほかのものは食べなくても牛乳だけは飲むという人や、水やジュースなどを飲むよりは牛乳を飲んだほうがいいと思っている人も多いようです。牛乳はカルシウムを多く含んでいるので、たくさん飲むと骨が強くなり健康になる、と勘違いしている人も多いですが、イギリスの医学誌「British Medical Journal」は、牛乳摂取量の多い人は、少ない人と比べて寿命が短く、女性では骨折が増えるとの研究結果を紹介しています(調査対象はスウェーデン人)。よくよく考えてみればわかることですが、牛乳はそもそも牛の赤ちゃんが飲むのに最も適した飲み物で、人間が、しかも大人が大量に飲むのには適していません。

 同研究チームはさらに、チーズやヨーグルトの摂取にも疑問を呈しています。発酵乳製品に多く含まれている「ガラクトース」という物質が、動物実験により、老化を促進し寿命を縮めることがわかったのです。牛乳の主成分である「乳糖(ラクトース)」は、消化酵素・ラクターゼによってグルコースとガラクトースに加水分解されることで、小腸からの吸収が可能になるわけですが、発酵乳製品はラクターゼの代わりに乳酸菌の働きで分解が起き、ガラクトースがつくられるわけです。そのガラクトースが私たちの体にダメージを与えることになるのです。

 アメリカ人女性は8人に1人が乳がんになるといわれるのに対し、日本人女性は20人に1人ほどではありますが、その数は年々増加しているともいわれています。がんの発生には環境、ことに食生活が深く関わっているということは周知の事実ですが、伝統的な食生活がなんらかの事情で急激に変化した場合、体がそれに慣れるのにはかなりの長い期間が必要であるということも事実です。

●牛乳は、食のアメリカ化の象徴

 適応できない場合には、健康上の諸問題が発生します。牛乳はもともと日本人が摂取してきた食品ではなく、戦後になって飲むようになったものです。終戦直後の食糧難の時代に、当初は援助物資としてアメリカから日本に送られたのが小麦と粉乳でした。このどちらもがその後、日本においての食生活の重要な位置を占めるようになったことは、単なる偶然とは到底思えません。

 援助物資として送られていたのは短期間で、その後は当然のことながら日本がアメリカから輸入することになりました。要は、ビジネスです。つまりアメリカは戦略的意図をもって、日本人に小麦と牛乳を与えた、ということです。そんな中で、日本の伝統的な食生活のシステムは、根底から覆され、日本人の食事がどんどんアメリカ化していったわけです。その象徴的な食品が牛乳、といえなくもありません。

 よくいわれることではありますが、戦前の日本人のほうが、今の日本人より健康的で、なおかつ強靭で敏捷な体であったようです。その頃の日本人で、牛乳を毎日飲んでいる人など一人もいなかったでしょう。


しかも今、私たちの手に入る牛乳の生産方法は、お世辞にも褒められたものではありません。乳房炎になる雌牛もかなりの数に上り、その治療のために投与される抗生物質、消炎剤などが牛乳の中に混じっていることも事実です。果たして、そのようなものを、健康のためにといって飲む必要が本当にあるのでしょうか。

 そもそも、日本人の85%の人は、牛乳の主成分である乳糖を分解する消化酵素・ラクターゼを持っていません。つまり、牛乳には栄養があるとしても、それを分解・吸収できないのですから、飲んでも仕方がないわけです。加えて、牛乳の脂肪分は飽和脂肪酸といわれるもので、摂り過ぎは健康に良くないこともわかっています。

 そして、なによりも問題なのは、現代の酪農のシステムでは、生産効率を上げるために、妊娠中の牛からも搾乳することです。濃厚飼料を与え搾乳器で吸乳し続けるので、牛は大量に牛乳を搾り取られることになります。これは牛だけではありませんが、妊娠すれば胎児を守るために血中の卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の濃度は高くなります。

 つまり、妊娠中の牛から搾った牛乳には、これらの女性ホルモンが相当量含まれていると考えなければなりません。そして、これらのホルモンは、乳がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮体部がんなどのホルモン依存性の悪性腫瘍の原因になる、という説を唱える医学者は多くおられます。

 牛乳とこれらのがんに因果関係がある可能性が少しでもあるのなら、牛乳を飲むのをやめても別に困ることはないからやめよう、とお考えの方は、すぐにおやめください。子供たちにも飲ませたくない、とお考えの方は、学校の先生に「うちの子は乳糖不耐症なので牛乳が飲めません」といって飲ませないようにしてください。

 牛乳を飲まないのは、別に犯罪じゃありません。自らの健康、そして大切なお子さんの健康のために、賢明な判断が求められているといえます。
.
南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事
続きを読む
スポンサーサイト
2016_01_04  [ 編集 ]

  1. 2015/11/23(月) 07:21:09_
  2. 日記
  3. _ comment:0

理化学研究所(理研)は11月21日、動物が危険を察知したときに、パニック反応を抑えて、冷静かつ適切に危険回避策をとれるようになるために不可欠な脳神経回路を発見したと発表した。

同成果は、理研脳科学総合研究センター発生遺伝子制御研究チームの岡本仁 チームリーダー(脳科学総合研究センター副センター長)、同 天羽龍之介 基礎科学特別研究員らの研究チームによるもの。米科学雑誌「Neuron」12月3日号に掲載される予定だ。

経験の浅いネズミは、天敵であるネコが現れる予感がする場面(猫の首輪の鈴の音が聞こえるなど)に遭遇すると、浅いながらの経験から危険を察知してパニック行動の一種であるすくみ行動を起こしてしまう。一方、経験を積んだネズミは、パニック反応を起こさないで、最も安全なルートを探して逃げ出すことができる。このような行動の変化は、これから体験することがどのくらい危険かという予測値「危険予測値」に反して、それほど危険でないような結果に終わり、「ほっと安心する」ことによって、危険を回避する特定の行動様式が強化され、適切な危険回避行動が修得された結果と考えられている。ところが、このような危険予測値が脳のどこでどのように表現され、情報として学習に利用されているのかはこれまでわかっていなかった。

今回、小型淡水魚ゼブラフィッシュの脳で、腹側手綱核という領域の神経細胞が、危険予測値に対応して活動することを発見。実験で腹側手綱核からの情報を遮断すると、危険を回避する学習である「能動的回避学習」ができなくなった。逆に、ゼブラフィッシュの腹側手綱核を、「光遺伝学」という手法を用いて人為的に活性化させると、危険を予測しているかのような回避行動が誘導され、危険予測値を植え付けることに成功した。また、魚類からほ乳類まで進化的に保存されている手綱核は、気分などに関わる脳内神経伝達物質のセロトニンを分泌する脳幹にある縫線核という領域の活動を調節しており、同結果から、危険予測値の情報がセロトニンによって伝わることも判明した。

同研究グループは「危険予測値を利用した適切な対応行動が学習できないと、本能的なパニック反応から抜け出せず、パニック障害などの疾患を引き起こすと考えられる。手綱核を介した危険予測値の情報がどのように伝わり学習に使われるのか、その仕組みを解明することは、このような疾患の治療法の改善につながると期待される」とコメントしている。
.

【関連記事】
少量の試料で超短時間構造解析法を開発
理研と東大、マウスの全身透明化に成功 - 脳の透明化技術を応用
イネの品種差を作り出す遺伝子多型をゲノム解析で検出 - 理研と生物研
理研、無汗症の原因遺伝子を発見 - 多汗症の治療への活用にも期待
理研、毛根に統合失調症や自閉症を診断する指標となる遺伝子を発見
2015_11_23  [ 編集 ]

ブログ引っ越します

  1. 2015/05/25(月) 23:18:11_
  2. 日記
http://turumiiciba.blog.fc2.com/

2015年8月1日より料金が変更になります。
詳しくは新ブログで確認してください。
2015_05_25  [ 編集 ]

感情の解放、その後

  1. 2015/05/25(月) 12:48:47_
  2. 日記
埼玉のMさん(女性)・・・

無事に勉強会掲示板に書き込みが出来るようになりました。

まだ数は少ないですがね。


一方、藤沢のOさん(男性)は、施術時にある対策をしたので・・・

気持ちがかなり楽になってきたようです。


胸の下の玉と顔の違和感は対策が功をそうしていると思います。

しかし、胸の上の玉が問題なんですね。

遠隔で診ると、もの凄い自己主張しています。


検査をしてみると・・・

これについては、このままで1年経っても変わらないことが解りました。

なかなか強烈ですね。


ですから、再度施術をお勧めしました。

来週お見えになります。


ところが・・・

昨日お風呂に入っていた時に、あることがひらめきました。

思わず、「ウォーター!」と叫びたくなりました。


上の玉を何とかするかもしれない?やり方を思いついたのです。

ある仮定を立てて考えていたところ、急に思いついたのです。

「もしかしたら?」みたいな感じです。


頭でシュミレーションした感じでは、何とかいけそうなのですが・・・

こればかりは実際にやってみなければ解りませんよね。


実は、これは私にとって未知の分野なのです。

しかし、これがうまくいけば・・・

かなりのことが、明らかになってくるのではないかと思います。
2015_05_25  [ 編集 ]

無動トレーニング

  1. 2015/05/24(日) 23:17:16_
  2. 日記
無動トレーニングとは?

身体を鍛える方法です。


身体を鍛えると言っても・・・

筋トレやサーキットトレーニングをやる訳ではありません。


呼吸法を使いながら、非常にゆっくりした動きです。

いわば太極拳のような、ゆっくりした動きです。

女性やお子さんでも簡単に出来る動きです。


しかし、これを3分ぐらいやっただけで・・・

サーキットトレーニング20分ぐらいやった運動量を得ることが出来ます。

凄すぎ。


本日、初めて『無動トレーニング(レベル0)』をやってみました。

1セットの動きは1分ほどで終わります。


これを1日ごとに1セットずつ増やしていきます。

つまり、10日で10セット・・・

1ヶ月で30セットですね。


これが基礎になります。

基礎がしっかりしていないと・・・

レベルが上がってきた時に、ついていけなくなるそうです。


変な話し・・・

これやっていたら、スポーツクラブ行く必要ありませんね。

スポーツクラブやジムもお金かかりますからね。


今日は初日で1セットだけなので簡単に出来ました。

私のように股関節が固い人は、ちょっときついポーズがあるのですが・・・

だんだん慣れてくるそうです。


取りあえず、頭で考えず・・・

愚直に続けていこうと思います。

やはり健康が1番ですからね^^
2015_05_24  [ 編集 ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

エネルギー整体  鶴見市場整体院

Author:エネルギー整体  鶴見市場整体院
エネルギーを使った整体を通して、ご縁があった、あなたのお役に立てることが私の喜びです。

昭和36年生まれ 男
ふたご座 B型
妻1人
子2人(男1,女1)

最新トラックバック

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。